毛皮の加工製品の買取

毛皮とは、体毛がついた獣の皮の加工製品のことをおもにいいます。多くのものは、衣服などで用いられますが、部屋の装飾品やインテリアとして活用されることもあります。これらの製品は、通常の衣服よりも、高く買取られていく傾向があります。

毛皮は、現代では基本的には皮の部分をはがし、不要なたんぱく質や脂肪を取り除くなどのなめし作業を行い、加工して製品として売られています。これらの加工をすることで耐久性や柔軟性を持たせることができるようになり、長く使うことができるようになります。毛皮の加工製品にはさまざまな種類があり、防寒具として用いられることや衣服の裾や襟、袖口などの一部につけることで装飾としての役割を果たす場合もあります。これらの衣服に使われるものは安いものではヒツジやイヌ、ネコなどが主に使われ、高いものではキツネやテン、イタチ、ウサギなどが使われていました。衣服以外でもトラの毛皮などは部屋のインテリアなどとして飾られることもあり、買取品でも高い値段がつくこともあります。

毛皮製品の買取価格は、どのような毛皮を使っているかによって大きく変わってきますが、全体的に乱獲などにより数が少なくなった動物のものは非常に高価になります。また、その製品の保存状態によっても買取価格は変わります。
http://www.fur.or.jp/