毛皮商人が生産した貴重なシャンパンについてや買取のコツ

毛皮商人であったウジエーヌ・エメ・サロンが創始者である”サロン”は、美食家であった創始者自らがシャンパンを味わうために生まれました。

ウジエーヌ・エメ・サロンは親元から早い独立をし、パリでウサギの毛皮を売り始め毛皮商人として頭角を現した齢は若干20歳でした。しかし毛皮商を営む企業の重鎮となった彼は毛皮商人としてのキャリアをそれ以上積むことは無く、シャンパンの生産へ夢を抱きます。毛皮商人として多額の財を成していたため、その夢はすぐに叶えられ、ブラン・ド・ブラン(白ブドウのみを原材料にした白ワイン)を生産しますが、史上初の試みであり、多くのシャンパン愛好家から高評価を受けたのです。

”サロン”はスパークリングワインですが白ワインとして偉大との高い評価を受け続けている程の高品質です。ブドウの良い年のみに生産され、100年程の歴史の中37回のみの販売でした。9割がレストランへ流通してしまうため市場に出ている”サロン”は極めて貴重品であり、買取に置いて高額になる可能性があります。”サロン”の高価買取を希望するなら査定人にお酒の専門知識がある業者を選びましょう。また”サロン”を買取に出す際は他の商品と一緒に査定依頼すると買取額が上がる傾向にあります。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1180050206